自己点検法を知ろう | 屋根の雨漏りの修繕方法

雨漏りを修繕して快適な生活を取り戻そう!

正しい修繕方法を選択するための雨漏りの基礎知識

自分でできる雨漏りチェック方法

自分で雨漏りをチェックする場合は、チェックすべきポイントを知っていなければなりません。
目視でもよいので瓦にズレがないか、屋根素材やコーキングに劣化はないか、塗装やコーキングに剥がれはないか、壁からの雨漏りがある場合は壁にひび割れがないか、を確認してみましょう。
原因箇所の特定ができ、自分で簡単にできそうな場合はホームセンターのDIYコーナーにあるコーキング材や修繕キットを使って、修繕することも可能です。
DIYで修繕するメリットとしては、安価に済むということです。
また自分のやりたいときに始めることができます。
デメリットとしては、高い屋根の上での作業は大変な危険が伴うことです。
また時間もかかり、疲労もたまります。
プロと比べると出来上がりにムラもあるでしょうし、修繕後の保証もありません。
それらを踏まえて修繕の手段を決めていきましょう。

雨漏りの調査

雨漏り調査を依頼すると、原因を正確に知ることができます。
修繕の前に行っておけば、必要な所をピンポイントで修繕することができ、無駄な日程や修繕費用を省くことができます。
調査費用は目安として10万円~20万円程です。
調査方法としては、疑わし場所に水をかける、赤外線をあてる、紫外線を当てると発光する特殊な塗料を混ぜた水をかける等で、雨水侵入経路の特定をします。
また、屋根下地の状態や雨樋の状態、屋根素材の確認、屋根の形状、外壁との取り合い部分の状態等、プロの目で見たアドバイスを受けることもできます。
またこういった調査を受けて現状を把握してから、費用の見積もりを取ることでより正確な概算を知ることができます。
診断や見積もりは無料というところもあるようです。


この記事をシェアする