屋根の雨漏りの修繕方法

雨漏りを修繕して快適な生活を取り戻そう!

正しい修繕方法を選択するための雨漏りの基礎知識

雨漏りと分かったら修繕が必要になります。 修繕をするには雨漏りの原因となっている箇所を正確に把握する必要があります。 それを怠ってしまうとせっかくの修繕が無駄になってしまうこともありますので確実に場所を特定してから修繕に取り掛かりましょう。 そのためのチェックの方法を確認していきます。

続きを読む

雨漏りが発生した時の対処法

家の中で雨漏りがしやすいところはどんなところでしょうか。
屋根、壁、ベランダ、屋上、窓など、家の中には意外と雨漏りをしやすいところがあるものです。
やはり最も多いのが屋根からの雨漏りです。
特に台風で大雨や強風が吹いた後の雨漏りで悩んでいる方は多く、家の上部からの雨漏りにより部屋の中まで水浸しとなってしまい、大きな被害となります。
二階にベランダがある場合やマンションやアパートの最上階に住んでいる方は、コンクリートの劣化により、雨漏りの被害を受けることもあります。
外壁のメンテナンスを怠っていると外壁塗装の剥がれ等により、横からの雨に弱い家となってしまいます。
外壁にひび割れがないかも点検が必要です。
窓は壁との間に隙間があったり、窓枠とあっていない場合、雨漏りが発生します。
窓の周辺にカビが生えているような場合には、雨漏りをしていないか確認してみるとよいでしょう。

雨漏りの原因としては、屋根材の劣化による隙間、台風や地震などの災害により屋根瓦がズレ、屋根や外壁の塗装が剥がれヒビが入った、何らかの衝撃により損傷が発生した等が考えられます。
屋根や外壁は一年中紫外線や雨にさらされ、日焼けやその酸性成分によりダメージを受けています。
雨漏りは、このダメージが原因となり引き起こされていると考えてよいでしょう。

雨漏りが発生した場合はまず場所の特定が重要となります。
そして、目視で瓦のズレはないか、屋根材やコーキングが劣化してひび割れしていないか、外壁にひび割れがないかなどを確認しましょう。
わずかな修繕や手の届く範囲の修繕であれば、ホームセンターのDYIコーナーにコーキング材や修復材が置いてありますので、自分で修繕することも可能です。
高いところへ登らなければならない場合や屋根の上での修繕には、危険が伴いますので無理に自分で行おうとせず、業者に安全確実な修繕を依頼しましょう。

おすすめリンク

雨漏りの正しい修繕方法

雨漏りが発生してしまったら、一刻も早く修繕したいと思いますよね。 場所や被害の程度が分かったら、自分で行うのか業者に依頼するのか検討が必要です。 どちらにしても、本格的な修繕を行う前に応急処置が必要になりますので、その方法と自分で行う修繕方法についてみていきたいと思います。

続きを読む

雨漏りの修繕の費用、その後の管理

修繕といっても、自分で行うのか業者に依頼するのか、被害はどの程度なのか、周囲も直すのかによって費用が変わってきます。 費用を抑えるにはDIYが一番ですが、一般的な費用を知り、業者に依頼する場合は参考にしてください。 また修繕後の寿命やメンテナンスについても覚えておきたいですね。

続きを読む